しょう‐がい〔シヤウ‐〕【障害/障×碍/障×礙】

  1. [名](スル)
  1. さまたげること。また、あることをするのに、さまたげとなるものや状況。しょうげ。「旧弊が改革の―になる」「―を乗り越える」「電波―」
  1. 個人的な原因や、社会的な環境により、心や身体上の機能が十分に働かず、活動に制限があること。「胃腸―」「言語―」
  1. 障害競走」の略。
  1. しょうがいいちじきん【障害一時金】
    • 通勤災害に対して給付される労災保険のうち障害給付の一つ。障害の程度が比較的軽い場合(厚生労働省令で定める障害等級の第8級~第14級)に支給される。
    • 軍人・軍属・準軍属として在職中に公務により受傷・罹病し一定程度の障害を負った人に対して国が支給する一時金。
  1. しょうがいきそねんきん【障害基礎年金】
    • 心身に障害を受け、一定の受給要件を満たした人に給付される国民年金。障害の程度により1級と2級とがある。国民年金に未加入であったり、保険料の滞納などがあると給付されない場合がある。子供がある場合はその分が加算される。また、国民年金に加入前、20歳未満で障害を受け、その状態が続いている人にも給付される。→公的年金障害厚生年金障害共済年金
  1. しょうがいきゅうふ【障害給付】
  1. しょうがいきょうさいねんきん【障害共済年金】
  1. しょうがいきょうそう【障害競走】
    • 馬術競技・競馬で、走路途中に土塁・柵(さく)などの障害物を設けて行う競走。
  1. しょうがいこうせいねんきん【障害厚生年金】
    • 厚生年金に加入している人が在職中に傷病によって障害を受けたときに給付される年金。障害の程度により1級から3級まであり、3級に該当しない場合でも傷病手当金という一時金が給付されることがある。1級と2級の給付条件は障害基礎年金と同じで、それに加算される2階建て給付となる。→老齢厚生年金遺族厚生年金
  1. しょうがいじ【障害児】
  1. しょうがいしゃ【障害者】
    • 身体障害知的障害精神障害発達障害を含む)その他の心身の機能の障害があり、障害および社会的障壁によって継続的に日常生活や社会生活に相当な制限を受ける状態にある人。
    • [補説]「社会的障壁」とは、障害がある人にとって日常生活や社会生活を営む上で障壁となるような社会における事物・制度・慣行・観念その他一切のものをいう。
  1. しょうがいしゃきほんほう【障害者基本法】
    • 障害者の自立及び社会参加を支援する施策に関する基本理念を定めた法律。昭和45年(1970)制定の心身障害者対策基本法を改正して平成5年(1993)成立。平成16年(2004)大幅改正。障害者に対して障害を理由として差別することや、その他の権利利益を侵害する行為をしてはならないと定める。また、国や地方自治体に障害者のための施策に関する基本計画の策定を義務づけている。→障害者自立支援法
    • [補説]平成23年(2011)、国連の障害者権利条約批准に向けた国内法整備のため改正。
  1. しょうがいしゃぎゃくたいぼうしほう【障害者虐待防止法】
    • 《「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」の通称》家庭・福祉施設・職場等での障害者に対する虐待の防止を目的とする法律。平成23年(2011)成立。平成24年(2012)10月施行。養護者・施設職員・職場の上司による身体的・心理的・性的・経済的虐待や放置といった行為が障害者虐待にあたり、発見した人は市町村や都道府県に通報しなければならない。対応窓口として各地方自治体に市町村障害者虐待防止センターや都道府県障害者権利擁護センターが設置され、市町村は家庭に立ち入り調査を行うことができる。
  1. しょうがいしゃけんりじょうやく【障害者権利条約】
    • 《「障害者の権利に関する条約」(Convention on the Rights of Persons with Disabilities)の略称》すべての障害者人権基本的自由を完全に享有するための措置について定めた国際条約。締約国に対して、障害を理由とするあらゆる差別の禁止や合理的配慮の提供の確保などを求めている。2006年の国連総会で採択。2008年発効。2014年11月現在、151か国が批准。日本は平成26年(2014)に批准。国連障害者権利条約。
  1. しょうがいしゃこうじょ【障害者控除】
    • 納税者自身または控除対象の配偶者や扶養親族が障害者である場合に適用される所得控除。障害の程度などに応じて一定の金額が所得から控除され、所得税住民税が軽減される。
  1. しょうがいしゃこようそくしんほう【障害者雇用促進法】
    • 《「障害者の雇用の促進等に関する法律」の略称》障害者職業リハビリテーションや雇用・在宅就業の促進について定めた法律。民間企業・国・地方公共団体に一定割合の障害者を雇用することなどを義務付けている。昭和35年(1960)施行。→障害者雇用率
  1. しょうがいしゃこようのうふきんせいど【障害者雇用納付金制度】
    • 法定の障害者雇用率を達成していない事業主から徴収する納付金。常用雇用者が200人(平成27年度からは100人)を超す企業が対象。納付金を財源として、障害者を多く雇用している企業に調整金・報奨金が支給される。
  1. しょうがいしゃこようりつ【障害者雇用率】
    • 常用雇用者数に対する障害者の割合。障害者雇用促進法に基づいて、民間企業・国・地方公共団体は所定の割合以上の障害者を雇用することが義務付けられている。法定雇用率。
    • [補説]障害者雇用率は政令で定められ、少なくとも5年ごとに見直される。平成25年(2013)4月以降は、民間企業(従業員50人以上)で2パーセント、都道府県等の教育委員会で2.2パーセント、国・地方公共団体等で2.3パーセントと規定されている。
  1. しょうがいしゃさべつかいしょうほう【障害者差別解消法】
    • 《「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の通称》障害者基本法の基本理念に沿って、障害を理由とする差別を解消するための措置について定めた法律。障害のある人に対する不当な差別的取扱いを禁止し、行政機関に対して合理的配慮の提供を義務づけている。平成28年(2016)施行予定。
  1. しょうがいしゃしゅうぎょうせいかつしえんセンター【障害者就業生活支援センター】
    • 障害者の職業的自立を図るために、地域の関係機関と連携しながら、就職に向けた準備や職場に適応・定着するための支援、日常生活や地域生活に関する助言などを行う施設。障害者雇用促進法に基づいて、都道府県知事が指定した社会福祉法人NPO法人などが運営する。
  1. しょうがいしゃしょくぎょうカウンセラー【障害者職業カウンセラー】
  1. しょうがいしゃしょくぎょうセンター【障害者職業センター】
  1. しょうがいしゃしょくぎょうそうごうセンター【障害者職業総合センター】
  1. しょうがいしゃしょくぎょうのうりょくかいはつこう【障害者職業能力開発校】
  1. しょうがいしゃじりつしえんほう【障害者自立支援法】
    • 障害の種類(身体障害知的障害発達障害を含む精神障害)により差のあった福祉サービスをまとめて共通の制度にし、障害者・障害児が地域で自立して生活できるよう支援事業を充実するための法律。小泉改革の一環として平成17年(2005)成立、平成18年(2006)4月施行。平成25年(2013)4月、障害者総合支援法に改題。難病患者等も障害福祉サービスの給付対象に含められた。
  1. しょうがいしゃスポーツしどういん【障害者スポーツ指導員】
    • 多様な障害者のスポーツ活動に対応するために必要な知識・技術を有し、適切な支援・指導を行うことができる人。日本障害者スポーツ協会が養成・認定を行う。
  1. しょうがいしゃそうごうしえんほう【障害者総合支援法】
    • 《「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」の略称》障害の有無にかかわらず国民が相互に人格と個性を尊重し安心して暮らせる地域社会の実現に寄与することを目的とし、障害者・障害児が基本的人権を享有する個人として尊厳ある生活を営めるよう、必要な障害福祉サービスの給付や地域生活支援事業などの支援を総合的に行うことを定めた法律。平成17年(2005)年、障害者自立支援法として制定。平成24年(2012)に改正・改題。
  1. しょうがいしゃだんたいむけゆうびんわりびきせいど【障害者団体向け郵便割引制度】
  1. しょうがいしゃマーク【障害者マーク】
  1. しょうがいしゃゆうせんちょうたつすいしんほう【障害者優先調達支援法】
    • 国・独立行政法人・地方公共団体・地方独立行政法人が、障害者就労施設等からの物品やサービスの購入を促進することを定めた法律。平成24年(2012)成立。施行は平成25年(2013)4月。
  1. しょうがいしゃゆうびん【障害者郵便】
  1. しょうがいねんきん【障害年金】
    • 特に、国民年金の「障害基礎年金」のこと。同じ国民年金の老齢年金(老齢基礎年金)・遺族年金(遺族基礎年金)と併称するときに用いる語。
    • 通勤災害に対して給付される労災保険のうち障害給付の一。障害の程度が重い場合(厚生労働省令で定める障害等級の第1級~第7級)に支給される。
    • 軍人・軍属・準軍属として在職中に公務により受傷・罹病し、一定程度の障害を負った人に対して国が支給する年金。
  1. しょうがいぶつきょうそう【障害物競走】
    • 走路に種々の障害物を置き、それらを越えて速さを競う競技。陸上競技では、距離3000メートルの間に28個の障害物と7個の水濠(すいごう)を設置して行う。オリンピック種目の一。SC(steeplechase)。
  1. しょうがいほしょう【障害補償】
    • 災害補償の一。業務上の負傷・疾病による身体上の障害に対して、使用者が労働者に行う補償。
  1. しょうがいほしょういじちきん【障害補償一時金】
    • 業務災害に対して給付される労災保険のうち障害補償給付の一つ。障害の程度が比較的軽い場合(厚生労働省令で定める障害等級の第8級~第14級)に支給される。
  1. しょうがいほしょうきゅうふ【障害補償給付】
    • 業務災害に対して給付される労災保険の一つ。傷病が治癒した後、一定の障害が残った場合、障害の程度に応じて、障害補償年金または障害補償一時金が支給される。また、障害の程度に応じて、障害特別支給金・障害特別年金・障害特別一時金なども支給される。通勤災害の場合は障害給付という。
  1. しょうがいほしょうねんきん【障害補償年金】
    • 業務災害に対して給付される労災保険のうち、障害補償給付の一つ。障害の程度が重い場合(厚生労働省令で定める障害等級の第1級~第7級)に支給される。
  1. しょうがいみすい【障害未遂】
    • 犯人が犯罪の実行に着手したが、外部的な障害のために遂げられなかった場合をいう。刑が減軽されることが多い。→中止未遂

「しょう‐がい〔シヤウ‐〕【障害/障×碍/障×礙】」の前の言葉

「しょう‐がい〔シヤウ‐〕【障害/障×碍/障×礙】」の後の言葉