しょうりゃく‐ほう〔シヤウリヤクハフ〕【省略法】

  1. 修辞法の一。章句を簡潔にして、言外の陰影・余韻などを読者に感じ取らせようとする方法。「花は桜木、人は武士」の類。

「しょうりゃく‐ほう〔シヤウリヤクハフ〕【省略法】」の前の言葉

「しょうりゃく‐ほう〔シヤウリヤクハフ〕【省略法】」の後の言葉