しょ‐ゆう〔‐イウ〕【所有】

  1. [名](スル)自分のものとして持っていること。また、そのもの。「多大な財産を―する」「父の―する土地」
  1. [用法]所有・[用法]所持・[用法]所蔵――「田中氏所有(所持・所蔵)の古写本」など、単に持つ意では相通じて用いられる。◇「彼は山林を所有している」「これが私の所有するカメラです」のように、大小にかかわらず、自分の物として持っていることが「所有」である。多く財産的な価値のある物についていい、「高級車を所有している」とはいえても、「菓子を一袋所有している」などとはいいにくい。◇「所持」は一般には身につけて持っていることか、どこかに保管していることで、「所持品を検査する」「盗品所持の罪」などという。◇「所蔵」は所有する物を大切にしまいこんでいることで、「彼は国宝級の名画を所蔵している」など。
  1. しょゆうかく【所有格】
    • possessive case》英文法などで、所有・所属関係などを表す名詞・代名詞などの格。John's desk, my townなどの類。→属格(ぞっかく)
  1. しょゆうけん【所有権】
    • 物を全面的に支配する物権法令の制限内で、目的物を自由に使用・収益・処分できる権利。
  1. しょゆうけんぶんり【所有権分離】
    • 電力会社の発電部門と送配電部門を分離する発送電分離の形態の一つ。送配電網の所有権を資本関係のない別会社に移譲し、発電・小売部門と送配電部門を完全に分離する。
  1. しょゆうしゃ【所有者】
    • 所有している人。所有権のある人。所有主。
  1. しょゆうぶつ【所有物】
    • 所有しているもの。所有権のある物件。

「しょ‐ゆう〔‐イウ〕【所有】」の前の言葉