すい‐さつ【推察】

  1. [名](スル)他人の事情や心中を思いやること。おしはかること。推量。「おおよその―がつく」「複雑な事情と―する」
  1. [用法]推察・[用法]推量・[用法]推測――「愛児を失った親の胸中を推測(推量・推察)する」など、思いやるの意では相通じて用いられる。◇「推察」は事情や他人の心情などを思いやること。「お喜びのこととご推察申し上げます」◇「推量」はそうなるだろうと想像すること。「当て推量 (ずいりょう) 」という言い方があるように根拠の有無は問わない。◇「推測」は現在までにわかっていることがらをもとにして、他人の心情や事情などをおしはかること。「原因といっても、それは現段階での推測に過ぎない」