せい‐ごう〔‐ガフ〕【整合】

  1. [名](スル)
  1. ずれや矛盾がなく、前後・上下などがそろうこと。また、そろえること。「論理が―する」
  1. 上下に重なる地層が、時間的にほぼ連続して堆積 (たいせき) していること。
  1. 電気回路で、相互のインピーダンスを合わせ、効果を最大とすること。
  1. せいごうせい【整合性】