せき‐の‐やま【関の山】

  1. 一生懸命やってできる可能な限度。精いっぱい。「一日に一冊読むのが―だ」