ぜ‐ひ【是非】

  1. [名](スル)
  1. 是と非。正しいことと正しくないこと。また、正しいかどうかということ。「―を論じる」「―を問う」
  1. 物事のよしあしを議論し判断すること。批評すること。
    • 「新聞が全紙面を埋めて是れを―する位じゃないか」〈荷風・ふらんす物語〉
  1. [副]
  1. どんな困難も乗り越えて実行しようとするさま。どうあっても。きっと。「計画を―やり遂げたい」
  1. 心をこめて、強く願うさま。なにとぞ。「―おいでください」
  1. ある条件のもとでは必ずそうなると判断できるさま。必ず。きまって。
    • 「尾端の所から喰ふ様にすると、―跡へよい所が残る」〈松翁道話・一〉
  1. 是非に及ばず
    • 当否や善悪をあれこれ論じるまでもなく、そうするしかない。どうしようもない。しかたがない。やむを得ない。
  1. 是非に叶わず
    • いい悪いを論議している段階ではない。ほかにどうしようもない。しかたがない。是非に及ばず。
      「丸腰でなければ奥へ通さぬ御法度とあれば―◦ず」〈浄・反魂香
  1. 是非も知らず
    • 何もわきまえず。我を忘れて夢中になって。
      「見るままに―◦ず、臥(ふ)しまろびて、拝み入りて」〈宇治拾遺・一〉
  1. 是非も無い
    • 当否や善悪の判断をするに至らない。しかたがない。やむを得ない。ぜひない。
  1. ぜひぜひ【是非是非】
    • [副]「ぜひ」を重ねて強めていう語。ぜひとも。「―お願いします」
  1. ぜひとも【是非とも】
    • [副]ぜひ」を強めていう語。ぜひぜひ。「―お出かけください」
  1. ぜひに【是非に】
    • [副]
    • どんなことがあっても。ぜひとも。「―出席を願う」
    • むりに。しいて。
      「―婿を取るならば、おかちが命はあるまいぞ」〈浄・油地獄