栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳(かんば)

  1. 白檀 (びゃくだん) は発芽のころから香気を放つ。大成する人は幼少のときからすぐれているというたとえ。

「栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳(かんば)し」の後の言葉