そう‐ぞう〔サウザウ〕【創造】

  1. [名](スル)
  1. 新しいものを初めてつくり出すこと。「文化を―する」「―的な仕事」「―力」
  1. 神が宇宙・万物をつくること。「天地―」
  1. そうぞうがくえんだいがく【創造学園大学】
    • 群馬県高崎市に本部のあった私立大学。平成16年(2004)の開設。文部科学省からの解散命令を受け、平成25年(2013)閉学。
  1. そうぞうせつ【創造説】
    • 旧約聖書の「創世記」に書かれた神による天地創造により、宇宙や生命が誕生したとする説。ダーウィン進化論はその登場より、多くの創造説支持者から批判を浴びた。
  1. そうぞうてきしんか【創造的進化】
    • (フランス)L'évolution créatriceベルクソンの主著(1907年刊)の表題であるとともに、その哲学の根本概念。生命は、因果的、目的的な活動ではなく、予測できないような飛躍によって進化する創造的活動であるとする。→エランビタール