たい‐ぎ【大義】

  1. 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「―に殉じる」
  1. 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の―を説く」
  1. 大義親を滅す
    • 《「春秋左伝」隠公四年から》君主や国家の大事のためには、肉親の情をも顧みない。大義のためには親兄弟をも犠牲にする。
  1. たいぎめいぶん【大義名分】
    • 人として、また臣として守るべき道義と節度。「―にもとる」
    • 行動のよりどころとなる道理。また、事を起こすにあたっての根拠。「―が立つ」
  1. たいぎめいぶんろん【大義名分論】
    • 君臣・父子の別をわきまえ、上下の秩序や礼節を重んじる思想。江戸時代、封建社会の倫理的支柱とされ、幕末には天皇に対する忠誠を求める尊王論へとすり替えられた。

「たい‐ぎ【大義】」の前の言葉

「たい‐ぎ【大義】」の後の言葉