だい‐じ【大事】

  1. [名]
  1. 重大な事柄。容易でない事件。「国家の―」
  1. 大がかりな仕事。大規模な計画。「―を成す」「―を企てる」
  1. たいへんな結果。非常に心配な事態。「―に至らないで済む」
  1. 出家して悟りを開くこと。
    • 「―を思ひたたん人は」〈徒然・五九〉
  1. [形動][文][ナリ]
  1. 価値あるものとして、大切に扱うさま。「―な品」「親を―にする」「どうぞ、お―に」
  1. 重要で欠くことのできないさま。ある物事の存否にかかわるさま。「―な用を忘れていた」「今が―な時期だ」
  1. 大切 (たいせつ) [用法]
  1. 大事に懸ける
    • 大切にする。丁重に扱う。
      「八円を―・けて、世の中に巡査ほどのものはないと済ましているのが」〈鏡花・夜行巡査〉
  1. 大事の中に小事なし
    • 大事の場合には、小事を顧みる余裕がない。
  1. 大事の前の小事
    • 大事をなすには、小事にも気をつけ油断してはならない。
    • 大事をなそうとするときは、小事にかまってはいられない。
  1. 大事を取る
    • 軽々しく物事をしない。用心し、自重する。「―・って仕事を休む」

「だい‐じ【大事】」の前の言葉

「だい‐じ【大事】」の後の言葉