たいしょう‐りょうほう〔タイシヤウレウハフ〕【対症療法】

  1. 病気の原因に対してではなく、その時の症状を軽減するために行われる治療法。痛みに鎮痛剤を与えるなど。姑息 (こそく) 的療法。⇔原因療法
  1. 根本的な対策とは離れて、表面に表れた状況に対応して物事を処理すること。「―では問題は解決しない」

「たいしょう‐りょうほう〔タイシヤウレウハフ〕【対症療法】」の前の言葉

「たいしょう‐りょうほう〔タイシヤウレウハフ〕【対症療法】」の後の言葉