たい‐しょく【退職】

  1. たいしょくきょうさいねんきん【退職共済年金】
    • 共済組合に加入して保険料を納付し、老齢基礎年金の受給資格のある被保険者が退職して一定年齢(一般に65歳)に達したときに、老齢基礎年金に上乗せして支給される年金(経過措置で65歳以前に支払われる場合もある)。賃金報酬に比例した額が給付される。→公的年金障害共済年金遺族共済年金
  1. たいしょくきん【退職金】
    • 退職する際に、雇い主などから退職者に支給される金銭。多くは一時金であるが、年金形式のときもある。退職手当。
  1. たいしょくしゃいりょうせいど【退職者医療制度】
    • 会社・官庁などを退職した人が老人保健制度の適用を受けるまでの間、加入する医療保険制度。平成20年(2008)の新たな高齢者医療制度の創設に伴い廃止となったが、平成26年度までには移行期間として65歳未満の退職者本人・被扶養者に同制度は存続され、65歳以上75歳未満の人は一般の国民健康保険に切り替わることになった。退職者医療制度の加入条件は、(1)国民健康保険に加入していること。(2)老人保健制度(平成20年4月以降は後期高齢者医療制度)の適用を受けていないこと。(3)厚生年金共済年金などの受給者で、加入期間が20年以上または40歳以降で10年以上あること。受診時の一部負担金は本人・被扶養者ともに基本は3割。
  1. たいしょくねんきん【退職年金】