たい‐せつ【大切】

  1. [形動][文][ナリ]
  1. もっとも必要であり、重んじられるさま。重要であるさま。「―な条件」「―な書類」
  1. 丁寧に扱って、大事にするさま。「本を―にする」「命を―にする」
  1. 急を要するさま。
    • 「―なる事有りて、夜を昼にて上れば」〈今昔・一六・二〇〉
  1. [派生]たいせつさ[名]
  1. [用法]大切・[用法]大事――「大切な(大事な)会議」「大切に(大事に)している着物」のように、必要で重んずべきさまの意では相通じて用いられる。◇また、「水を大切(大事)に使う」「友情を大切(大事)にする」のように、かけがえのないものとして心を配り、丁寧に扱うさまの意の場合も両語とも使える。◇「おからだを大切に」「どうぞ、お大事に」などは、ともに日常語ではあるが、「大事」のほうがよりくだけた感じがある。◇「任務の大切さを知る」などでは、「大切」が優勢である。◇「大事」には、根本的な事柄の意もある。「国家の大事」「大事を決行する」◇類似の語の「重要」は、物事・事柄の根本・中心にかかわって重んずべきであるさまを表し、「大切」「大事」よりも文章語的である。「歴史上重要な事件」「重要参考人」