たい‐ぶ【大部】

  1. 《「だいぶ」とも》
  1. 一つの書物などの冊数や巻数の多いこと。また、そのページ数・紙数の多いこと。大冊。「―の著作」「―の書類」
  1. 大部分。ほとんど全部。「火災により古記録の―を失う」

「たい‐ぶ【大部】」の前の言葉

「たい‐ぶ【大部】」の後の言葉