だけ

  1. [副助]名詞、活用語の連体形、一部の助詞に付く。
  1. 分量・程度・限度を表す。…ほど。…くらい。…かぎり。「走れる―走ってみよう」「どれ―の人が苦しんでいるか」
  1. 範囲を限定する意を表す。…ばかり。…のみ。「学校―でなく家庭での指導も大切だ」
  1. 慣用的に用いられ、種々の意を表す。
  1. ㋐「…ば…だけ」「…たら…ただけ」の形で、一方の程度が高まるのに比例して、他方の事柄・状態の程度も高まる意を表す。…につれていっそう。「注意すればする―反抗する」「読書したら読書した―人生の深みが増す」
  1. ㋑多く「…だけあって」「…だけのことはある」「…だけに」の形で、素質・能力・価値が相応に発揮される意を表す。「横綱―あって強い」「苦労した―のことはある」→だけに
  1. ㋒「…だけでは」「…だけでも」の形で、限定された条件を表す。「口先―では実現できない」「名前―でも参加してほしい」→だけに
  1. [補説]「だけ」は名詞「たけ(丈)」から転じたもので、近世以降になって助詞として用いられるようになった。もとの名詞「たけ」は副詞「ありったけ」などに名残をとどめている。