だっ‐さい【×獺祭】

  1. 《「礼記」月令から》カワウソが自分のとった魚を並べること。人が物を供えて先祖を祭るのに似ているところからいう。獺祭魚。おそまつり。うそまつり。
  1. 《晩唐の詩人李商隠が、文章を作るのに多数の書物を座の周囲に置いて参照し、自ら「獺祭魚」と号したところから》詩文を作るとき、多くの参考書を周囲に広げておくこと。
  1. だっさいき【獺祭忌】
    • 《子規が獺祭書屋(だっさいしょおく)主人と号したところから》正岡子規の忌日。9月19日。 秋》「うち晴れし淋しさみずや―/万太郎」
  1. だっさいぎょ【獺祭魚】