ため【為】

  1. 利益があること。役立つこと。「―にならない本」「子供の―を思う」
  1. 原因・理由。わけ。「雨の―に延期する」
  1. 目的や期待の向かうところ。「健康の―に運動をする」
  1. 一定の関係のあること。…にとっては。「私の―には叔父にあたる」
  1. 為にする
    • ある目的に役立てようとする下心をもって事を行う。
      「我輩固(もと)より―◦する所ありて私立を主張するに非ず」〈福沢学問のすゝめ
  1. 為になる
    • 役に立ったり、利益になったりする。「先生の話は、とても―・った」