た‐もと【×袂】

  1. 《「手 (た) 本 (もと) 」の意から》
  1. 和服の袖付けから下の、袋のように垂れた部分。
  1. そば。きわ。「橋の―」
  1. ふもと。すそ。「山の―」
  1. 肩からひじまでの部分。
    • 「娘子 (をとめ) らが娘子さびすと韓玉 (からたま) を―に巻 (ま) かし」〈・八〇四〉
  1. 袂に縋る
    • 願いを聞いてもらうまでは離すまいと、人のたもとをとらえる。転じて、相手の同情を引いて助けを求める。「―・って食いつなぐ」
  1. 袂の露
    • たもとにかかる涙。
      「君のみや花の色にも立ちかへで―は同じ秋なる」〈後拾遺・哀傷〉
  1. 袂を絞る
    • たもとをしぼるほど涙を流す。ひどく泣く。
      「両親に―・らせた事は有(あっ)ても」〈二葉亭浮雲
  1. 袂を連ねる
    • 人と行動を共にする。「賛同者として―・ねる」
  1. 袂を分かつ
    • 行動を共にした人と別れる。関係を断つ。離別する。「盟友と―・つ」
  1. たもとおとし【袂落(と)し】
    • タバコ入れや汗ふきなどを挟む小さい袋。ひもの両端に一つずつ結びつけ、ふところを通して左右のたもとに落としておくもの。
  1. たもとくそ【袂糞】
  1. たもとどけい【袂時計】
    • 懐中時計。
      「秒を刻む―の音」〈漱石道草