つがい〔つがひ〕【番い】

  1. 《動詞「つがう」の連用形から》
  1. [名]
  1. 二つのものが組み合わさって一組みになること。また、そのもの。対。
  1. 動物の雄と雌の一組み。また、夫婦。「文鳥を―で飼う」
  1. からだなどの各部のつなぎ目。関節。
    • 「肘の―を表から、膝頭で圧 (お) さえているらしい」〈漱石三四郎
  1. 機会。折。
    • 「剃りはてんとする―に、ふと立ち」〈咄・醒睡笑・一〉
  1. [接尾]助数詞。組みになっているものを数えるのに用いる。「ひと―の鶏」
  1. つがいどり【番い鳥】
    • 雌雄がいつも一緒の鳥。
  1. つがいまい【番舞】
    • 舞楽で、左方の舞と右方の舞とを組み合わせて一番とするもの。また、その舞。
  1. つがいむすび【番い結び】
    • 左右が対になるような結び方。蝶結び。
  1. つがいめ【番い目】
    • 組み合わせた所。つながっている所。つなぎめ。「柱の―」

「つがい〔つがひ〕【番い】」の前の言葉