で・きる【出来る】

  1. [動カ上一]《カ変動詞「でく(出来)」の連体形「でくる」から》
  1. いままでなかった物事がつくられて存在する。新しく物事が生じる。発生する。出現する。「水たまりが―・きる」「にきびが―・きる」「急用が―・きる」「―・きたことはしかたがない」
  1. 作物などがつくられる。収穫物が得られる。生産される。「当地では柑橘 (かんきつ) 類が―・きる」「家庭菜園で―・きたトマト」「今年は米がよく―・きた」
  1. 建物や組織などが新しくつくられる。成り立つ。「ダムが―・きる」「組合が―・きる」「合意が―・きる」
  1. まとまったもの、完全なものに、つくりあげられる。仕あがる。「したくが―・きる」「原稿が―・きた」
  1. 材料が…である。作りや構造がそのようである。「木で―・きた橋」「精巧に―・きているおもちゃ」
  1. (結果として)そうするように生まれつく。「よくよく損な役まわりをするように―・きている」
  1. 人格・能力・成績などがすぐれている。「彼は仕事が―・きる」「若いに似合わず人間が―・きている」「よく―・きる生徒」
  1. 男女がひそかに結ばれて親しい関係になる。「―・きた仲」「二人は―・きている」
  1. それをする能力や可能性がある。「ロシア語が―・きる」「―・きるだけ努力します」
  1. 10 (動作性の意味がある語に付いて、接尾語的に用い)そうする能力や可能性がある。また、そうすることが許される。…しうる。「運転―・きる」「拝観―・きる」「スタート―・きる」「そこへはお通し―・きません」「のんびり―・きる」
  1. 11 出てくる。現れる。
    • 「今度用事でお江戸さあ―・きる序 (つい) でに」〈滑・旧観帖・初〉
  1. 出来ない相談
    • はじめからまとまる可能性のない話し合い。「利益が一方的すぎて―だ」
  1. 出来るだけ
    • できる範囲のことはすべて。できる限界まで。「―の治療はした」「―急いでくれ」