ところ【所/処】

  1. [名]
  1. 空間的な場所。人や物が存在する場所。
  1. ㋐住んでいる場所。住所。住居。「お―とお名前を教えてください」
  1. ㋑その地域。地方。「―の人に尋ねる」
  1. ㋒連体修飾語によって限定される場所。「県庁のある―」
  1. 抽象的な場所。場面。範囲。多く、連体修飾語によって限定される場所や部分をいう。
  1. ㋐ふさわしい地位や立場。「職場で―を得る」
  1. ㋑その人の所属している組織や集団。「知り合いの―に発注する」
  1. ㋒部分。箇所。点。「悪い―を直す」「粋な―のある人だ」
  1. ㋓場面。局面。「今の―おとなしい」「今日の―は許してやろう」
  1. ㋔ちょうどその所。場合。際。おり。「さっき着いた―だ」
  1. ㋕事柄。内容。こと。「思う―あって辞任する」「自分の信じる―を貫く」
  1. ㋖範囲。程度。「調べた―では、そんな事実はない」「歩いて30分といった―かな」
  1. ㋗(数量を表す語に格助詞「が」が付いた形を受けて)だいたいの程度を表す。「10分が―遅れた」「1万円が―借りている」
  1. (「どころ」の形で)
  1. ㋐名詞に付いて、それが名産となっている地域を表す。「米―」「茶―」
  1. ㋑動詞の連用形に付いて、その動作の行われる場所や部分、またその対象となる部分をいう。「うわさの出―」「つかみ―のない人」
  1. ㋒動詞の連用形に付いて、その動作をするのによい場所や部分、そうすべき場所や部分をいう。「ごみの捨て―」「見―のある新人」「心のより―」
  1. ㋓名詞や形容詞・形容動詞の語幹に付いて、それにあてはまる人々の意を表す。「中堅―が脇を固める」「きれい―を集める」
  1. ㋐《漢文の、受身を表す「所」の訓読から。「…ところとなる」の形で》前に置かれた語句が示す行為の対象であることを表す。「世人の称賛する―となった」
  1. ㋑《西洋語の関係代名詞の翻訳から、格助詞「の」を介して、体言またはそれに準じるものを修飾して》連体修飾語の役割をする。多く翻訳調の文章に用いられる。「世に知られている―の画家」「かつて訪れた―の屋敷」
  1. (「…したところ」の形で接続助詞的に用いて)上述した内容を条件として文を続ける。順接にも逆接にも用いる。「訪ねた―、不在だった」「依頼した―、断られた」
  1. 蔵人所 (くろうどどころ) 」「武者所 (むしゃどころ) 」などの略。
  1. [接尾]助数詞。
  1. 場所や箇所などを数えるのに用いる。「傷口を三―も縫った」
  1. 貴人の人数を数えるのに用いる。
    • 「女御子たちふた―この御腹におはしませど」〈・桐壺〉
  1. 所変われば品変わる
    • 土地が違えば、風俗・習慣なども違う。
  1. 所に付く
    • その場所にふさわしくする。
      「―・けたる御贈り物どもささげ奉り給ふ」〈・若紫〉
  1. 所へ持ってきて
    • ある事に加えて、また別の事が起こる意を表す。「風邪をひいた―足まで挫いてしまった」
  1. 所を得る
    • よい地位や境遇を得る。適した職を得て力を発揮する。「―◦得て存分に活躍する」
  1. 所を置く
    • 遠慮する。はばかる。
      「この世には我に所置き給ふべし」〈大鏡・時平〉
  1. 所を去る
    • その場所を避けて他に移る。
      「つれづれなるもの、所去りたる物忌み」〈・一三九〉
    • 遠慮する。
      「所避(さ)り聞こえ給ふ御心深く」〈・横笛〉
  1. ところあて【所宛/所充て】
    • 平安中期から鎌倉時代、諸官司や諸官寺の別当を任命して職務・行事の担当をきめたこと。
  1. ところあらわし【所顕し】
    • 《女の家の所在地を顕す意》平安時代、結婚の成立を披露する宴。男が女のもとに通い始めて数日後に、女の家で婿とその従者をもてなし、舅と婿が対面した。
      「四五日ありてぞ御―ありける」〈栄花・ゆふしで〉
  1. ところえがお【所得顔】
    • [名・形動]よい地位や境遇を得て満足した顔つき。また、そのさま。得意顔。「―に振る舞う」
  1. ところがえ【所替え】
    • [名](スル)
    • 場所を他にかえること。「年内に事務所を―する」
    • 武家時代、大名・小名の領地を他に移しかえたこと。移封(いほう)。転封。国替え。
  1. ところがき【所書(き)】
    • 紙などに住所を書きつけること。また、その書いた住所。「―を頼りに居所をさがす」
  1. ところがまえ【所構え】
  1. ところがら【所柄】
    • その場所の性質。場所柄。「―をわきまえた服装」「―魚がうまい」
  1. ところことば【所言葉】
    • その土地の言葉。方言。
      「異名を―にて杓(しゃく)と言へり」〈浮・一代男・三〉
  1. ところざけ【所酒】
    • その土地でつくられる酒。地酒(じざけ)
      「―の辛口」〈浮・永代蔵・一〉
  1. ところじち【所質】
    • 中世の質取り行為の一。債権者が債務の支払いを求めて、債務者の属する組織体の成員やその動産を私的に差し押さえること。
  1. ところじまん【所自慢】
    • 自分の故郷や、現在住んでいる所を自慢すること。
  1. ところそだち【所育ち】
    • その土地に生まれ育つこと。また、その人。
      「―も物紛れして」〈浮・一代男・四〉
  1. ところたがえ【所違へ】
    • ある場所と他の場所をまちがえること。
      「―などならば、おのづからまた言ひに来なむ」〈・二七七〉
  1. ところどう【所籐】
    • 所々に籐を巻いた弓。
  1. ところどころ【所所/処処】
    • あちらこちら。あちこち。「―に支店をつくる」「―誤りのある文章」
    • 人々」の敬称。かたがた。
      「ここかしこにうち忍びて通ひ給ふ―は」〈・葵〉
  1. ところならわし【所習はし】
    • その土地の風習。
      「頭つきは―にして後ろ下がりに髪先短く」〈浮・五人女・五〉
  1. ところのしゅう【所の衆】
  1. ところのもの【所の物】
    • その土地の産物。
  1. ところばらい【所払い】
    • 江戸時代の刑罰の一。居住の町村から追放し、立ち入りを禁止するもの。所構え。
  1. ところばんち【所番地】
    • 居住地などの地名と番地。
  1. ところまだら【所斑】
    • [名・形動]
    • 所々まだらでむらのあること。また、そのさま。
      「貧相な顔に―な厚化粧をして」〈志賀真鶴
    • 所々を省略すること。また、そのさま。
      「―に言ひきかせければ」〈咄・醒睡笑・五〉