と‐たん【途端】

  1. あることが行われた、その瞬間。そのすぐあと。多く副詞的に用い、「に」を伴うこともある。「よそ見をした―転んだ」「飲むと―に人が変わる」
  1. とたんおち【途端落ち】
    • 落語の落ちの一。終わりの一言で話全体の結びがつくもの。

「と‐たん【途端】」の後の言葉