な・く【泣く/鳴く/×啼く】

  1. [動カ五(四)]
  1. (泣く)
  1. ㋐悲しみ・苦しみ・喜びや痛さなどをおさえることができず、声をあげたり、涙を出したりする。「うれし泣きに―・く」「大声をあげて―・く」「話に感動して―・く」
  1. ㋑身にしみて、つらい思いをする。苦労を経験する。「悲運に―・く」「悪天候に―・く」
  1. ㋒無理や損を知りつつ承知する。権利をあきらめたり、しかたなく身をひいたりする。「ここは一つ君に―・いてもらおう」
  1. ㋓実際の内容と隔たりが大きく、それと名乗るのがはばかられる思いがする。「看板が―・く」「名門校の名が―・く」
  1. ㋔染色や加工のとき染料が隣の色や白地の部分に浸出する。
  1. (鳴く・啼く)鳥・虫・獣などが声を出す。「虫が―・く」「蛙がやかましく―・く」「雉 (きじ) も―・かずば撃たれまい」
  1. [可能]なける
  1. 鳴いた烏がもう笑う
  1. 泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生
    • 悲しんで暮らしても、愉快に暮らしても、一生は一生だから、愉快に暮らさなければつまらない。
  1. 泣いて馬謖を斬る
    • 《中国の三国時代(しょく)諸葛孔明(しょかつこうめい)は日ごろ重用していた臣下の馬謖が命に従わずに大敗したために、泣いて斬罪に処したという「蜀志」馬謖伝の故事から》規律を保つためには、たとえ愛する者であっても、違反者は厳しく処分することのたとえ。
  1. 泣いても笑っても
    • どのようにしてみても。物事が最後の段階にきていることのたとえ。「―卒業まであと一週間だ」
  1. 鳴かず飛ばず
    • 将来の活躍に備えて行いを控え、機会を待っているさま。また、何の活躍もしないでいるさま。「―の下積み生活」→三年飛ばず鳴かず
  1. 泣く子と地頭には勝てぬ
    • 聞き分けのない子や横暴な地頭とは、道理で争っても勝ち目はない。道理の通じない相手には、黙って従うしかない。
  1. 泣く子もあれば笑う子もある
    • 同じ子供でも、泣く子もあれば笑う子もあるように、世の中はさまざまである。
  1. 泣く子も黙る
    • 聞き分けなく泣いている子供も急に黙ってしまうほど、威力や勢力のあることのたとえ。
  1. 泣く子も目を開け
    • 泣いている子でも、目をあけて周囲の状況を見る。いくら思慮分別のない者でも、少しは時と場合とを考えて振る舞うものだ。
  1. 鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす
    • あれこれ口に出す者より、何も言わない者のほうが情が深いというたとえ。
  1. 泣くに泣けない
    • 泣いたくらいではどうにもならないほど、ひどくつらい。「―◦ない凡ミス」
  1. 鳴く猫は鼠を捕らぬ
    • よくしゃべる者は、かえって実行しないということのたとえ。
  1. 鳴くまで待とう時鳥
    • 機が熟するまで辛抱強く待とう、の意。徳川家康の性格を表現した句「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥」から。これに対し、「鳴かぬなら殺してしまえ時鳥」が織田信長の、「鳴かぬなら鳴かしてみしょう時鳥」が豊臣秀吉の性格を表現しているとする。

「なく【泣く/鳴く/×啼く】」の前の言葉

「なく【泣く/鳴く/×啼く】」の後の言葉