なぐさ・める【慰める】

  1. [動マ下一][文]なぐさ・む[マ下二]
  1. 何かをして、一時の悲しみや苦しみをまぎらせる。心を楽しませる。心をなごやかに静める。「失意の友を―・める」「音楽に―・められる」
  1. 労をねぎらう。いたわってやる。
    • 「下向には京へ寄りて、四、五日も―・め」〈浮・五人女・二〉
  1. なだめる。すかして落ち着かせる。
    • 「とかく―・めて、とく来 (こ) といひやりたるに」〈・二五〉
  1. [用法]なぐさめる・[用法]いたわる――「病人を慰める(いたわる)」「老母を慰める(いたわる)」など、やさしく接する意では相通じて用いられる。◇「なぐさめる」「いたわる」ともに、相手を大切にして元気づけることだが、心の悩みについては「なぐさめる」、肉体の苦しみについては「いたわる」を使う傾向がある。「心(寂しさ)をなぐさめる」「病身をいたわる」◇類似の語「ねぎらう」は、仕事や労苦に対して感謝の気持ちを示すことであり、多く目下に対して使う。「徹夜した部下をねぎらう」は「いたわる」でもよいが、「病身の老母をいたわる」に「ねぎらう」は使えない。