な・す【成す】

  1. [動サ五(四)]
  1. (「為す」とも書く)ある行為をする。「無益の事を―・す」「―・すすべもなく敗れる」
    • 「国のこといとよく―・したりければ」〈落窪・四〉
  1. 物を作りあげる。仕上げる。また、事をしとげる。「一代にして産を―・す」
  1. ある形・状態などをしている。「組織の体を―・していない」「球状を―・す」「門前市を―・す」
  1. 他の物に変える。他の状態にする。「新しい技法を自己のものと―・す」
    • 「思はむ子を法師に―・したらむこそ心苦しけれ」〈・七〉
  1. 役や位につかせる。任命する。
    • 「強ひて帥 (そち) に―・し奉りて」〈かげろふ・中〉
  1. 高貴な方のお出ましを仰ぐ。お出ましのあるようにする。
    • 「主上を扶 (たす) け乗せ進 (まゐら) せて陽明門より―・し奉る」〈太平記・二〉
  1. (他の動詞の連用形に付いて)意識してそのようにする。わざと…する。「敵と見―・す」
    • 「中の宮をなむいかで人めかしくも扱ひ―・したてまつらむ」〈・総角〉
  1. [可能]なせる

「なす【成す】」の前の言葉

「なす【成す】」の後の言葉