ねじ・る〔ねぢる〕【×捩る/捻る/×拗る】

  1. [動ラ五(四)]《近世以降上二段動詞「ねず」が四段にも活用するようになったもの》
  1. 細長いものの両端に力を加えて、互いに逆の方向に回す。また、一端を固定して、他の一端を無理に回す。ひねる。「針金を―・る」「腕を―・る」「水道の栓を―・る」
  1. 体の筋をちがえる。捻挫 (ねんざ) する。「足首を―・る」
  1. [可能]ねじれる
  1. [動ラ下二]ねじれる」の文語形。
  1. [用法]ねじる・[用法]ひねる――「体をねじる(ひねる)」「水道の栓をねじる(ひねる)」など、ひねって回すの意では相通じて用いられる。◇力を入れて回すときは「ねじる」、指先で軽く回すようなときは「ひねる」と使い分けることがある。「びんのふたをねじって開ける」「スイッチをひねる」◇「転んだはずみに足首をひねって痛めた」「腰をひねって医者にかかる」などでは「ねじる」を用いない。◇「ひねる」の方が意味の範囲が広い。「頭をひねる」「首をひねる」「俳句をひねる」「強敵にあっさりひねられた」などの使い方は「ねじる」にはない。◇類似の語「よじる」も「腹をよじって笑う」など、使い方は限られている。