ねはん【××槃】

  1. (梵)nirvāṇaの音写。吹き消すことの意》仏語。
  1. 煩悩 (ぼんのう) の火を消して、知慧 (ちえ) の完成した悟りの境地。一切の悩みや束縛から脱した、円満・安楽の境地。仏教で理想とする、仏の悟りを得た境地。
  1. 釈迦 (しゃか) の死。
  1. 涅槃会 (ねはんえ) 」の略。
  1. ねはんえ【涅槃会】
  1. ねはんぎょう【涅槃経】
  1. ねはんこう【涅槃講】
  1. ねはんしゅう【涅槃宗】
    • 大般涅槃経を所依とする宗派。中国、南北朝の梁代に盛んに行われた。中国十三宗の一。
  1. ねはんず【涅槃図】
    • 釈迦が沙羅双樹(さらそうじゅ)の下で入滅する情景を描いた図。一般に、釈迦が頭を北、顔を西、右脇を下にして臥(ふ)し、周囲に諸菩薩(ぼさつ)や仏弟子・鬼畜類などが集まって悲嘆にくれるさまを描いたもの。涅槃絵。
  1. ねはんぞう【涅槃像】
    • 釈迦入滅の姿を描いた絵や彫像。寝釈迦。 春》
  1. ねはんにし【涅槃西風】
    • 陰暦2月15日の涅槃会の前後に吹く風。 春》「舟べりに鱗の乾く―/信子」
  1. ねはんもん【涅槃門】
    • 仏語。
    • 煩悩を去って悟りの境界へ入る門戸。
    • 四門の一。北方の門をいう。