ねん‐き【年季】

  1. 奉公する約束の年限。「―が明ける」
  1. 年季奉公」の略。
    • 「あれは久しく―に置きましたが」〈滑・浮世風呂・三〉
  1. 年季が明ける
    • 年季奉公の期限が終わる。年(ねん)が明く。
  1. 年季が入る
    • 長い間修練を積んで確かな腕をしている。「―・った技を見せる」
    • [補説]「年期が入る」と書くのは誤り。
  1. 年季を入れる
    • 長い間努力してその仕事を修練する。「本場で―・れる」
  1. ねんきあけ【年季明け】
    • 年季1が終わること。ねんあき。ねんあけ。
  1. ねんきしょうもん【年季証文】
    • 年季として定められた年限は働くということを記した証文。年季手形。年季状。
  1. ねんきづとめ【年季勤め】
  1. ねんきぼうこう【年季奉公】
    • 年限を定めてする奉公。年切り奉公。年季勤め。
  1. ねんきむこ【年季婿】
    • 一定の年限を約束して妻の家へ住み込んで働き、その務めを終えると妻を連れて自分の家に帰る婚姻形態。東北地方に近年まで存続していた習俗。その年限によって三年婿・五年婿などとよばれた。帰り婿。
  1. ねんきもの【年季者】
    • 年季奉公をする者。