のう〔なう〕

  1. [終助]文末の種々の語に付く。話し手の感動を表す。「ちょっと見ないうちに大きくなった―」「よくやった―」
    • 「又ささに酔はしられたものぢゃ―」〈虎明狂・乞聟〉
  1. [間助]念を押す意を表す。「だが―、まだ死ぬわけにはいかんのじゃ」→なあ
    • 「それを誰が問へば―、よしなのとはずがたりや」〈閑吟集
  1. [補説]「のう」は、もとは「なう」の形で中世後期以降用いられたが、近代以降は「ね」「ねえ」「なあ」が一般化し、現在では主に、方言として西日本で用いられる。

「のう〔なう〕」の前の言葉

「のう〔なう〕」の後の言葉