はな‐もと【鼻元/鼻許】

  1. 鼻のつけね。鼻のあたり。
  1. 手近な所。目前のこと。
    • 「少し口の利いたる者が―ばかりに思案あれば」〈甲陽軍鑑・一四〉
  1. はなもとじあん【鼻元思案】
    • [名・形動]きわめてあさはかな考え。また、そのさま。喉元(のどもと)思案。鼻元料簡。
      「いかにも―な話だが」〈志賀暗夜行路