は‐もん【波紋/波文】

  1. 水面に物の落ちたときなどに、いく重にも輪を描いて広がる波の模様。
  1. 次々と周囲に動揺を伝えていくような影響。「政界に―を起こす」「若者の間に―を呼んだ番組」
  1. 波紋を投じる
    • 事を起こす。反響を呼ぶ問題を提起する。波紋を投げる。「暴露記事が―・じる」
    • [補説]「一石を投じる」との混同から生まれた言い方か。