ひかり【光】

  1. 目に明るさを感じさせるもの。太陽・星・電球などの発光体から出る光線。主に可視光線をさすが、普通は赤外線から紫外線までの電磁波をいい、真空中での進行速度は1秒間に約30万キロメートル。「電灯の―」「―を発する」
  1. 心に希望や光明などを起こさせる物事。「前途に―を見いだす」「オリンピックの金メダルは国民に希望の―を与えた」
  1. 威力・勢力のある者の、盛んな徳や勢い。威光。「親の―は七光 (ななひかり) 」
  1. 目の輝き。「目の―が違う」
  1. 視力。「事故で両眼の―を失った」
  1. 光物 (ひかりもの) 4」の略。
  1. 色・つやなどの輝くほどの美しさ。
    • 「―もなく黒き掻練の」〈・初音〉
  1. 容貌・容姿のまばゆいばかりの美しさ。
    • 「昔の御かげ、さやかにうつしとどめたる御―を」〈有明の別・三〉
  1. はえあること。見ばえのすること。
    • 「かうやうの折にも、先づこの君を―にし給へれば」〈・花宴〉
  1. 光は東方から
    • 古代ローマのことわざ。ローマの文化は、東にあるギリシャの文化を受け継いでいるの意。転じて、世界の文明は初めにエジプトやメソポタミアなどオリエント(東方)に興ったの意。
  1. 光を放つ
    • その存在がひときわすぐれて目立つ。「燦然(さんぜん)と―・つ業績」
  1. ひかりアイシー【光IC】
  1. ひかりアイソレーター【光アイソレーター】
    • optical isolator光信号をある一方向だけに通すための素子光デバイスの一種で、途中で反射して戻ってくる光を阻止する。電子回路におけるダイオードと同じ役割をもつ。光学アイソレーター。オプティカルアイソレーター。
  1. ひかりアイピーでんわ【光IP電話】
    • optical IP telephony》大容量の光通信回線を使ったIP電話。データや画像の通信もできる。→光通信IP電話
  1. ひかりアイフレーム【光iフレーム】
  1. ひかりアンプ【光アンプ】
  1. ひかりイオンか【光イオン化】
  1. ひかりいせいか【光異性化】
  1. ひかりいそんせいていこう【光依存性抵抗】
  1. ひかりいでんがく【光遺伝学】
    • 光を使う技術と遺伝学を組み合わせた研究分野。神経細胞に光を照射してその働きを操作したり、蛍光色素を神経細胞に導入して活動の様子を可視化したりする研究などがある。将来的に光刺激によるてんかんパーキンソン病の治療のほか、人工視覚への応用が期待されている。オプトジェネティクス。
  1. ひかりエレクトロニクス【光エレクトロニクス】
  1. ひかりおんせいたんし【光音声端子】
  1. ひかりカード【光カード】
    • 《optical memory cardから》クレジットカードと同様の形状のカードに光メモリーを搭載したもの。
  1. ひかりがい【光害】
  1. ひかりかいせんサービスおろし【光回線サービス卸し】
  1. ひかりかいせんしゅうたんそうち【光回線終端装置】
  1. ひかりかいり【光解離】
    • 分子が光の照射を受け、原子、イオン、反応性が高い遊離基などに分かれること。成層圏において酸素分子からオゾンを生成したり、逆にオゾン層を破壊する過程の一部になったりする働きがあることが知られている。
  1. ひかりかぎゃくへんしょく【光可逆変色】
  1. ひかりかくがたコネクター【光角型コネクター】
  1. ひかりかくがたプラグ【光角型プラグ】
  1. ひかりかくさんこうか【光拡散効果】
  1. ひかりかくはんのう【光核反応】
  1. ひかりかくぶんれつ【光核分裂】
    • 原子核が、X線γ線などの高エネルギーの光を吸収し、同程度の質量の2個以上の核種に分かれる現象。光核反応の一。
  1. ひかりかっせいかきょくざいけんびきょうほう【光活性化局在顕微鏡法】
  1. ひかりかっせいかきょくざいせいけんびきょうほう【光活性化局在性顕微鏡法】
  1. ひかりカプラー【光カプラー】
    • optical coupler》複数の光ファイバーを結合・分岐するための機器。一つの入力を複数に分岐したり、複数の入力を一つに結合したりする。また、入力・出力ともに、多対多の接続も可能。光スプリッター。
  1. ひかりかんげん【光還元】
    • 光化学反応によって物質が還元される現象。緑色植物の光合成の一過程で、二酸化炭素の光還元が行われる。⇔光酸化
  1. ひかりきゅうちゃく【光吸着】
    • 光の照射を受け、固体表面が気体を吸着する能力が増大する現象。⇔光脱離
  1. ひかりきょうしんき【光共振器】
    • 光の領域の周波数をもつ電磁波を受け取って共振させる装置。レーザーを発生させる主要な構成要素の一つ。一般に、二つの反射鏡を対面させ、一方の鏡面がわずかに光を外部に透過するものが使われる。
  1. ひかりきょうどうせい【光驚動性】
    • 微生物などで、急激な光の強度変化によって、運動方向を転じる性質。また、そのような反応を光驚動反応という。
  1. ひかりきょうどうはんのう【光驚動反応】
  1. ひかりクロスコネクト【光クロスコネクト】
    • optical cross-connect光ファイバーを利用する通信網において、ある光ファイバーから別の光ファイバーに光信号を出力すること。光信号を電気信号に変換して再出力するものや、光スイッチのように直接経路を切り替えるものがある。
  1. ひかりクロスコネクトスイッチ【光クロスコネクトスイッチ】
  1. ひかりケーブル【光ケーブル】
  1. ひかりこうおんけい【光高温計】
    • 物体が高温度で出す特定波長の光と、標準ランプの光とを比較して、物体の温度を求める装置。
  1. ひかりこうかがたじゅし【光硬化型樹脂】
  1. ひかりこうかじゅし【光硬化樹脂】
  1. ひかりこうかせいじゅし【光硬化性樹脂】
    • ある特定の波長の光を照射すると、硬化する合成樹脂。樹脂の分子が重合架橋することによって液体から固体に変化する。特に紫外線で硬化するものは紫外線硬化性樹脂とよばれる。印刷の凸版やプリント基板の作成、歯科治療、三次元プリンターなどで利用される。光硬化樹脂。光硬化型樹脂。フォトポリマー。
  1. ひかりこうし【光格子】
    • 対向するレーザー光によって定常波を作りだし、これを格子状に配列させたもの。周期的・規則的に配された定常波により、格子内部の粒子はあたかも結晶格子中に束縛された粒子のように振る舞うことが知られている。光格子時計はこの光格子とレーザー冷却を組み合わせ、極低温の原子気体を格子内に閉じ込めることで極めて精度の高い計時を可能とした。
  1. ひかりこうしどけい【光格子時計】
    • 原子時計の一種。レーザー光を格子状に配し、絶対零度に近い数マイクロケルビンという極低温に冷却した100万個程度の原子気体をその格子に閉じ込め、原子が発する電磁波の振動数の測定誤差を小さくすることで、極めて精度の高い計時を可能としたもの。原子気体はストロンチウムイッテルビウムが用いられる。平成23年(2011)、情報通信研究機構東京大学の共同研究により、誤差が6500万年に1秒という光格子時計の開発に成功した。
  1. ひかりごうせい【光合成】
  1. ひかりごけ【光蘚】
    • ヒカリゴケ科のコケ。中部地方以北の山中の洞穴などに生え、高さ1センチほど。原糸体がレンズ状の細胞からなり、光線を反射する。長野県佐久市・埼玉県吉見町・皇居などのものは天然記念物。ヨーロッパ・北アメリカにも産する。
  1. ひかりごへん【光互変】
  1. ひかりコラボレーションモデル【光コラボレーションモデル】
  1. ひかりコンピューター【光コンピューター】
    • 電子の代わりに光を用いるコンピューター。光の高速性や並列性を利用して、伝送や演算を超高速化・超大容量化しようというもの。
  1. ひかりサービスおろし【光サービス卸】
    • 光ファイバーの回線網をもつ大手通信事業者が、他の事業者向けに回線網および関連設備を利用するサービスを卸売すること。回線網をもたない事業者でも光回線サービスを自社ブランドとして顧客に提供することができる。光回線サービス卸。サービス卸。光コラボレーションモデル。
  1. ひかりさんか【光酸化】
  1. ひかりじきディスク【光磁気ディスク】
    • レーザーと磁場を利用した、書き換え可能な記憶装置。高密度な情報書き込みができる。MO(magneto-optical disc)。
  1. ひかりじきディスクドライブ【光磁気ディスクドライブ】
  1. ひかりしげきけいこうせんりょうけい【光刺激蛍光線量計】
  1. ひかりしげきルミネセンス【光刺激ルミネセンス】
    • ルミネセンスの一種。放射線の照射を受けて準安定状態にある電子が、光エネルギーを吸収することにより、基底状態に戻る際に発光する現象。OSL(Optically Stimulated Luminescence)。
  1. ひかりじゅうごう【光重合】
  1. ひかりしゅうせきかいろ【光集積回路】
    • 半導体レーザー、光導波路、光フィルター、光スイッチ、光変調器、光アイソレーターなどの光学素子を単結晶の基板上に集積化した回路。光IC。OIC。
  1. ひかりしゅうよう【光収容】
  1. ひかりしょくばい【光触媒】
    • 太陽や蛍光灯などの光が当たることで触媒として働く物質。酸化チタンなど。光が当たると水や酸素と反応して活性酸素や水酸ラジカルが生成される。これらの物質は酸化力が強く、有害物質を二酸化炭素や水に分解する。また、ガラスや壁などに塗布して光を当てると超親水作用(=水が水滴にならず薄く広がる働き)が生じる。これらの作用を抗菌、脱臭、大気浄化、防塵、花粉症対策、曇り止めなどに利用する。
  1. ひかりしょくばいガラス【光触媒ガラス】
    • 酸化チタンなどの光触媒を表面に薄く均一に塗布したガラス。紫外線が当たると超親水作用(=水が水滴にならず薄く広がる働き)によってガラスに付着した汚れが浮き上がり、雨などによって流れ落ちやすくなる。また、水滴ができにくいことからドアミラーなどに利用される。
  1. ひかりしんごう【光信号】
  1. ひかりスイッチ【光スイッチ】
    • optical switch光信号の開閉(オン・オフ)をしたり、振り分けたりする素子光デバイスの一種で、光信号を電気信号に変換することなく、光のまま経路を切り替える。電子回路におけるスイッチに相当する。光学スイッチ。オプティカルスイッチ。光スイッチング素子。
  1. ひかりスイッチングそし【光スイッチング素子】
  1. ひかりスプリッター【光スプリッター】
  1. ひかりぞうかん【光増感】
    • 生体にエオシン・スルファニルアミドなどの光を吸収する物質が取り込まれると、通常では障害を現さない強さの光でも炎症などが起こること。
  1. ひかりぞうけいほう【光造形法】
    • 光硬化性樹脂に特定の波長の光を照射して硬化することで、短時間に立体物を造形する手法。三次元プリンターに用いられる。レーザーを使用する場合はレーザーリソグラフィーともいう。光造法。ステレオリソグラフィー。SL(stereolithography)。
  1. ひかりぞうふくき【光増幅器】
  1. ひかりソリトンつうしん【光ソリトン通信】
  1. ひかりだっちゃく【光脱着】
  1. ひかりだつり【光脱離】
    • 光の照射を受け、固体表面が気体を吸着する能力が減少し、気体を脱離する現象。光脱着。⇔光吸着
  1. ひかりちゅうせいし【光中性子】
  1. ひかりつうしん【光通信】
  1. ひかりディスク【光ディスク】
    • optical disc》レーザー光を使ってデータの読み出しや書き込みを行う円盤状の記憶媒体。音楽・画像・映像などのデータやコンピューターのプログラムやファイルの記録に利用される。コンパクトディスクDVDブルーレイディスクなどの規格がある。光学ディスク。
  1. ひかりデジタルおんせいたんし【光デジタル音声端子】
    • optical digital audio interface》オーディオ機器のデジタル音声信号のインターフェース規格S/PDIFで用いられる光ファイバーの端子。形状や用途によりトスリンク光ミニプラグなどのコネクターがある。光音声端子。
  1. ひかりデバイス【光デバイス】
  1. ひかりでんり【光電離】
    • 原子分子紫外線X線γ線などの光(電磁波)を照射した際に、電子を放出してイオン化する現象。光電効果の一種。光のエネルギーがイオン化エネルギーを上回る際に起こる。地球大気上層の電離層では、太陽光線による光電離が生じている。光イオン化。
  1. ひかりでんわ【ひかり電話】
    • NTT東日本・西日本が平成16年(2004)から提供している光IP電話サービス。既存の固定電話と同じく市外局番から始まる10桁番号を使用し、110番、119番への発信も可能。
  1. ひかりどう【光堂】
    • 金色に塗った堂。金色堂(こんじきどう)。平泉の中尊寺金色堂が有名。
  1. ひかりどうはろ【光導波路】
    • 光の信号をある限定された経路に通すための素子。光デバイスの一種。光の屈折率の違いなどを利用し、本来、直進性の高い光を経路に沿って導く。電子回路における配線に相当する。光ファイバーと同様の役割をもつが、主に平面状・板状の構造をもつものを指す。
  1. ひかりトポグラフィーけんさ【光トポグラフィー検査】
    • 近赤外線を利用して脳の働きを観察する検査。頭皮の上から近赤外光を照射して大脳皮質の活動をとらえるもので、ヘモグロビンが光を吸収する性質を利用して脳の血流量の変化を計測し、画像として表示する。てんかん鬱病の検査などに用いられる。「光トポグラフィ」は日立製作所の登録商標
  1. ひかりのかげ【光の陰】
    • 《「光陰(こういん)」を訓読みにした語》月日。また、時間。歳月。
      「物ごとに遮る眼の前、―をや送るらん」〈謡・石橋〉
  1. ひかりのかみ【光の神】
    • 雷神。
  1. ひかりのさんげんしょく【光の三原色】
    • 三原色の一。加法混色に用いられる赤(レッド)・緑(グリーン)・青(ブルー)の三つの色の光。割合を変えて混合することにより、さまざまな色を表すことができる。色を重ねるほど明るくなり、すべてを同じ割合で混合すると白色光になる。→アール‐ジー‐ビー(RGB)
  1. ひかりのみち【光の道】
    • 平成27年(2015)までに日本国内の全世帯に光ファイバーによる超高速通信網を整備するという構想。平成21年(2009)より、総務省主導のもと、「グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース」により、実現に向けた検討が進められている。光の道構想。
  1. ひかりピックアップ【光ピックアップ】
    • optical pickupCDDVDなどの光ディスクにレーザー光を照射し、データを記録したり、読み取ったりする装置。光学ピックアップ。ピックアップレンズ。
  1. ひかりファイバー【光ファイバー】
    • optical fiber》高純度のガラスやプラスチックでできた細い繊維。光通信ケーブルなど、光による伝送路として用いる。従来の銅線に比べ高速大容量の転送速度をもち、信号の減衰も少ない。長距離の高速データ通信に向く高純度のガラスでできたシングルモード光ファイバーと、プラスチック製で取扱いが容易なマルチモード光ファイバーがある。
  1. ひかりファイバーアンプ【光ファイバーアンプ】
  1. ひかりファイバーぞうふくき【光ファイバー増幅器】
  1. ひかりファイバーつうしん【光ファイバー通信】
    • optical fiber communication》⇒光通信
  1. ひかりファイバーレンズ【光ファイバーレンズ】
    • optical fiber lens》光ファイバー中の屈折率分布を利用して光の収束をはかるレンズ。分布屈折率ロッドレンズ。
  1. ひかりフィルター【光フィルター】
  1. ひかりへんちょうき【光変調器】
    • optical modulator》光の波長・強度・位相などを、主に電気信号などで変化させる素子光デバイスの一種。光変調素子。光変調デバイス。光学変調器。オプティカルモジュレーター。
  1. ひかりへんちょうそし【光変調素子】
  1. ひかりへんちょうデバイス【光変調デバイス】
  1. ひかりぼうちょう【光膨張】
  1. ひかりぼや【光海鞘】
    • ヒカリボヤ科の原索動物。暖海を浮遊する。多くの個虫が並んで約20センチの中空円筒形の群体をなし、よく発光する。
  1. ひかりポンピング【光ポンピング】
    • 原子や分子に光を吸収させてエネルギーが低い状態から高い状態に変化させること。誘導放出によって光を増幅・発振するレーザーに利用される。
  1. ひかりも【光藻】
    • ヒカリモ科の黄色植物。淡水産の藻で、水槽や洞穴内の水たまりなどに生じる。単細胞からなり、1本の鞭毛(べんもう)で水中を泳ぐときと、鞭毛を失い球形になるときとがある。レンズ状の葉緑体が光を反射する。千葉県富津市の発生地は天然記念物
  1. ひかりもの【光り物】
    • 光を放つ物。光って見えるもの。流星・いなずまなど。
    • 金貨・銀貨。
    • 金属類。特に、銅・真鍮(しんちゅう)など、値のはるもの。再生資源回収業者がいう。
    • (すし)種で、はだが青白く光る魚。コハダ・サバ・アジなど。
    • 花札で、松・桐(きり)・桜・坊主の各20点札。
    • 連歌・俳諧で、日・月・星など光るものをいう語。
    • 光を出して恐れられるもの。鬼火・人だまなど。
      「御堂の側(かたはら)に―出できたり」〈平家・六〉
  1. ひかりリソグラフィー【光リソグラフィー】
  1. ひかりルミネセンス【光ルミネセンス】
    • ルミネセンスの一種。蛍光体などの物質が外部から光・紫外線・X線などのエネルギーを吸収して励起し、基底状態に戻るときに発光する現象。また、その光。吸収した光と放射する光はそれぞれの波長が異なり、一般に放射する光の波長の方が長い(ストークスの法則)。フォトルミネセンス。
  1. ひかりワン【ひかりone】
    • KDDIによる光ファイバーを用いたデータ通信サービス、auひかりの旧称。