うす‐よう〔‐ヤウ〕【薄様】

  1. 薄手の鳥の子紙雁皮紙 (がんぴし) 。また、一般に薄手の和紙。薄葉。⇔厚様 (あつよう) 
  1. 上方を濃く、下方をしだいに薄くぼかして染めること。曙 (あけぼの) 染め。
  1. 襲 (かさね) の色目の名。衣を何枚か重ねて着るとき、同色のものを外側から内側へしだいに色を薄くして、下の2枚を白にする重ね方。

「うす‐よう〔‐ヤウ〕【薄様】」の後の言葉