ふ‐ぎ【不義】

  1. 人として守るべき道にはずれること。また、その行い。
  1. 男女が道に背いた関係を結ぶこと。密通。「―をはたらく」
  1. 律の八虐の一。師や長官などを殺すこと。
  1. 不義にして富み且つ貴きは浮雲の如し
    • 《「論語」述而から》不正な手段で得た地位や財産は、浮雲のように頼りなくはかないものである。
  1. 不義は御家の法度
    • 男女の密通は厳禁するということ。近世、特に武家で戒めとした。