へき‐れき【××靂】

  1. かみなり。いかずち。雷鳴。「青天の―」
  1. 雷が激しく鳴ること。落雷すること。また、大きな音が響き渡ること。
    • 「―する時にも動かず」〈今昔・三一・三七〉