うと・い【疎い】

  1. [形][文]うと・し[ク]
  1. 親しい間柄でない。疎遠だ。「二人の仲は―・くなった」「去る者は日々に―・し」
  1. (「…にうとい」の形で)そのことについての知識や理解が不十分である。「その方面の事情に―・い」
  1. 親しみが持てない。わずらわしく思う。
    • 「かつ見れど―・くもあるかな月影のいたらぬ里もあらじと思へば」〈古今・雑上〉
  1. 不案内である。関心がない。
    • 「後の世のこと心に忘れず、仏の道―・からぬ、心にくし」〈徒然・四〉
  1. 愚かである。間が抜けている。
    • 「女郎狂ひするほどの者に、―・きは一人もなし」〈浮・胸算用・二〉
  1. [派生]うとさ[名]

「うとい【疎い】」の前の言葉