ほう‐だて〔ハウ‐〕【方立】

  1. 門などに、扉を受けるために両側に立てる小柱または細長い板。ほこだち。
  1. 牛車 (ぎっしゃ) の箱の前後の出入り口の左右に設けた手形のついた木。ほこだち。
  1. 箙 (えびら) の下の方の鏃 (やじり) を差し込む箱の部分。
  1. 高欄の端に突き出て反っている木。
  1. 方法をたてること。

「ほう‐だて〔ハウ‐〕【方立】」の前の言葉

「ほう‐だて〔ハウ‐〕【方立】」の後の言葉