ほ‐ご【故/古】

  1. 書きそこなったりして不要になった紙。ほご紙。ほうご。ほぐ。
  1. 役に立たなくなった物事。
  1. 反故にする
    • 無駄に捨てる。「コピー用紙を何枚も―◦する」
    • ないものとする。役に立たないものにする。「契約を―◦する」
  1. ほごがみ【反故紙/反古紙】
    • 書きそこなうなどして不要になった紙。ほごし。ほご。
  1. ほごし【反故紙/反古紙】

「ほ‐ご【故/古】」の後の言葉