うら‐がき【裏書(き)】

  1. [名](スル)
  1. 文書・書画などの裏面に文字を書くこと。また、書いたもの。
  1. ㋐巻物の裏に、注釈・補遺などを書くこと。また、その文字。
  1. ㋑書画の軸物の裏に鑑定の結果を書くこと。また、その字句。
  1. ㋒江戸時代、訴状の裏面に、命令あるいは出廷期日などを記したもの。
  1. 小切手などの支払いを受ける際、その裏に住所・氏名を書き、押印して、領収の証明をすること。
  1. ㋔手形・小切手倉庫証券船荷証券などの指図証券を譲渡する際、証券の裏などに裏書人が必要事項を記載して署名すること。通常は譲渡裏書をさすが、広義には質入裏書取立委任裏書を含む。
  1. 物事が確実であることを別の面から証明すること。また、その証明。裏づけ。「陳述を―する事実」
  1. うらがききんし【裏書禁止】
  1. うらがきじょうと【裏書譲渡】
  1. うらがきにん【裏書人】