まき‐がい〔‐がひ〕【巻(き)貝】

  1. 腹足綱の軟体動物の総称。特にそのうち、背側に螺旋 (らせん) 状に巻いた殻をもつものをさすが、殻が退化して皿状や板状になったものもある。前鰓類 (ぜんさいるい) サザエタニシアッキガイなど、後鰓類ウミウシキセワタガイなど、有肺類カタツムリなどに分けられる。