まわり〔まはり〕【回り/×廻り/周り】

  1. [名]
  1. (回り・廻り)まわること。まわり方。転じて、ものの働きぐあい。「モーターの―が悪い」「頭の―が早い」
  1. (ふつう「周り」と書く)
  1. ㋐そのものの外側の縁の部分。また、その長さ。周囲。ぐるり。「湖の―に沿った道」
  1. ㋑そのものを囲んでいる近くの部分。近辺。周辺。あたり。「口の―をふく」「―に迷惑をかける」
  1. (回り・廻り)一定の範囲を順にめぐること。「年始―」
  1. (回り・廻り)ある地点を経由したり、ある方向のコースをとったりすること。「常磐線―で仙台へ行く」「北―の航空便」
  1. (回り・廻り)遠くなるほうの道をとること。また、その道。回り道。遠回り。
    • 「―になるのを承知で、電車通りを行った」〈里見弴・安城家の兄弟〉
  1. (回り・廻り)及ぶこと。行き渡ること。「火の―を食い止める」「酒の―が早い」
  1. おかずをいう女房詞。飯のまわりに置いたところからいう。
  1. [接尾](回り・廻り)
  1. 物事の大きさ・規模などを比較するとき、その程度を漠然と表すのに用いる。「一―小さいサイズ」「からだが一―大きくなった」
  1. 長さを表す語に付いて、周囲の長さがそれだけあることを表す。
  1. 助数詞。
  1. ㋐まわる回数を表すのに用いる。「グラウンドを一―する」
  1. ㋑十二支を年に当てることから、12年を1期として、年齢の差を表すのに用いる。「年が二―も違う夫婦」
  1. ㋒祈願・服薬などで、7日を1期として数えるのに用いる。「三―分の薬」
  1. まわりあわせ【回り合(わ)せ】
    • 自然にやってくる運命。めぐりあわせ。
  1. まわりえん【回り縁】
    • 建物や部屋の周囲の二方以上にめぐらした縁側。
  1. まわりかいだん【回り階段】
    • 螺旋(らせん)状に回りながら上下する階段。
  1. まわりぎ【回り気】
    • 気を回して心配したり疑ったりすること。
      「お前さんも余程(よっぽど)―の人だね」〈風葉・深川女房〉
  1. まわりこんじょう【回り根性】
    • 気を回して疑いやすい性質。
      「それとも知らず下郎の―」〈伎・幼稚子敵討〉
  1. まわりしょうぎ【回り将棋】
    • 将棋の駒を用いる遊びの一。各自が駒一つを将棋盤の一隅に置き、金将4枚を振り、その出方によって駒を進めて、早く上がったほうを勝ちとする。
  1. まわりすごろく【回り双六】
    • 振り出しから出発し、交互に賽(さい)を振ってその出た目の数だけ進み、早く上がることを競う遊戯。道中双六などの類。
  1. まわりずみ【回り炭】
    • 茶道の七事式の一。炉中の下火をすっかり揚げて、主客ともに順々に炭をつぐ式法。炉のときだけに行う。
  1. まわりぢえ【回り知恵】
    • 浅はかな知恵。浅知恵。
      「これも女の―、許して下され徳兵衛殿」〈浄・油地獄
  1. まわりどうろう【回り灯籠】
    • 外枠に薄紙や布を張り、内側にいろいろな形を切り抜いた円筒を立て、中心にろうそくを立てた灯籠。ろうそくに火をともすと、その火気で円筒が回り、外枠に影絵が映って回転して見える。走馬灯(そうまとう) 夏》
  1. まわりばしご【回り梯子】
  1. まわりばな【回り花】
    • 茶道の七事式の一。主客ともに順に花を生ける式法。
  1. まわりばん【回り番】
    • 順番で務めに当たること。輪番。「―で宿直をする」
    • 見回りをする順番。また、その当番。「―につく」
  1. まわりひざ【回り膝】
    • 正面を背にして座ったとき、左膝をつき、膝を軸にして、からだを回して正面を向くこと。
  1. まわりぶたい【回り舞台】
    • 劇場の舞台で、中央の床を大きく円形に切り抜き、その部分を回転して場面転換させる装置。また、それを備えた舞台。歌舞伎舞台で発生した。
  1. まわりぶち【回り縁】
    • 天井のまわりの壁と接する部分に取り付けた横木。天井回り縁。
  1. まわりみち【回り道/回り路】
    • 遠回りして行くこと。遠回りになる道。迂路(うろ)。「―になるが確実な方法」
  1. まわりもち【回り持(ち)】
    • 順番に受け持つこと。輪番。「議長を―にする」
    • めぐりめぐって自分のものになること。「金は天下の―」

「まわり〔まはり〕【回り/×廻り/周り】」の前の言葉

「まわり〔まはり〕【回り/×廻り/周り】」の後の言葉