もの

  1. [接助]口語では活用語の終止形、文語では活用語の連体形に付く。順接の確定条件を表す。…(だ)から。…ので。「ゆくゆくは社長となる人です―、しっかりしているわ」「彼は努力家だ―、きっと成功する」
    • 「わしもこなさんの女房ぢゃ―、何の忠儀を忘れませうぞ」〈伎・幼稚子敵討〉
  1. [終助]
  1. 活用語の終止形に付く。多く「だって」「でも」と呼応して用いる。現代では多く女性や子供の間で使われるが、時に撥音化して「もん」となることもある。
  1. ㋐不平・不満・恨みの意を込めながら、相手の自分に対する非難に対し、根拠や理由を示し、反駁 (はんばく) 、訴え、甘えなどの気持ちを表す。「だって時間がないんです―」「でもお父さんがそうおっしゃったんです―」
  1. ㋑(「ものね」「ものな」などの形で)詠嘆の意をこめて理由を表す。「でもあなたと私とでは考え方も違います―ね」「なるほど、それは彼のお得意だ―な」
  1. 文末で、活用語の連体形に付く。
  1. ㋐逆接的な気持ちを込めて詠嘆する意を表す。…のになあ。…のだがなあ。
    • 「我が持てる三つあひに搓 (よ) れる糸もちて付けてまし―今そ悔やしき」〈・五一六〉
  1. ㋑順接の確定条件を含み、詠嘆・感動の意を表す。…だからなあ。
    • 「もっともぢゃ、もっともぢゃ、道具屋の娘ぢゃ―と」〈浄・卯月の潤色〉
  1. [補説]上代の「もの」は形式名詞から、近世以後の「もの」は終助詞「ものを」の音変化したものという。