もの‐の‐ふ【武士/物部】

  1. 武勇をもって主君に仕え、戦場で戦う人。武人。武者。兵 (つわもの) 。もののべ。
  1. (「物部」と書く)古代、朝廷に仕えた文武の官人。
  1. もののふの【武士の】
    • [枕]
    • 文武の官が属する氏は数が多いところから、「八十(やそ)」およびその複合語に、また「い(五十)」と同音を含む地名「岩瀬(いわせ)」にかかる。
      「―八十宇治川(やそうぢがは)の網代木(あじろき)に」〈・二六四〉
    • 「―磐瀬(いはせ)の社(もり)のほととぎす」〈・一四七〇〉
    • 弓矢を帯びた武士の意から、「矢」と同音を含む地名「矢野」「矢田野」にかかる。
      「―矢野の神山霞(かすみ)たなびく」〈玉葉集・春上〉
  1. もののふのみち【武士の道】
    • 武士として守らなければならない道。武士道。