えい‐り【営利】

  1. 財産上・金銭上の利益を得る目的をもって事を行うこと。
  1. えいりがいしゃ【営利会社】
    • 営利を目的として組織された会社。
  1. えいりこうい【営利行為】
    • 営利を目的とする行為。
  1. えいりじぎょう【営利事業】
    • 利潤を上げるために経営する事業。
  1. えいりしゃだんほうじん【営利社団法人】
  1. えいりしゅぎ【営利主義】
    • 営利を特に重視して事業を経営しようとする立場。商業主義。
  1. えいりほうじん【営利法人】
  1. えいりほけん【営利保険】
    • 営利を目的とする保険。加入者に対して保険会社が保険者となる。営業保険。→相互保険
  1. えいりもくてきとうりゃくしゅおよびゆうかいざい【営利目的等略取及び誘拐罪】
    • 営利・猥褻(わいせつ)・結婚、または生命や身体を害する目的で、人を略取誘拐し、自己または第三者の支配下に移す罪。刑法第225条が禁じ、1年以上10年以下の懲役に処せられる。営利目的略取及び誘拐罪。営利目的略取罪。営利目的誘拐罪。営利目的略取誘拐罪。営利略取罪。営利誘拐罪。
    • [補説]略取は、物理的な実力を行使して連れ去ることをいい、誘拐は、だましたり誘惑したりして連れ去ることをいう。
  1. えいりもくてきゆうかいざい【営利目的誘拐罪】
  1. えいりもくてきりゃくしゅおよびゆうかいざい【営利目的略取及び誘拐罪】
  1. えいりもくてきりゃくしゅざい【営利目的略取罪】
  1. えいりもくてきりゃくしゅゆうかいざい【営利目的略取誘拐罪】
  1. えいりゆうかいざい【営利誘拐罪】
  1. えいりりゃくしゅざい【営利略取罪】