よこ‐しま【邪/横しま】

  1. [名・形動]
  1. 正しくないこと。道にはずれていること。また、そのさま。「―な考えをいだく」
  1. 横の方向であること。また、そのさま。
    • 「群臣、共に視て―の源 (うなかみ) を決 (さく) り」〈仁徳紀〉
  1. よこしまかぜ【横しま風】
    • 横なぐりに吹く風。暴風。
      「思はぬに―のにふふかに覆ひ来ぬれば」〈・九〇四〉