りゅう‐いん〔リウ‐〕【×溜飲】

  1. 飲食物が胃にとどこおって、酸性の胃液がのどに上がってくること。
  1. 溜飲が下がる
    • 不平・不満・恨みなど、胸のつかえがおりて、気が晴れる。「試合に勝って―・った」
  1. 溜飲を下げる
    • 胸をすっきりさせる。不平・不満・恨みなどを解消して、気を晴らす。「相手を論破して―・げる」
    • [補説]文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「溜飲を下げる」を使う人が39.8パーセント、本来の言い方ではない「溜飲を晴らす」を使う人が26.1パーセントという結果が出ている。

「りゅう‐いん〔リウ‐〕【×溜飲】」の前の言葉