ろう‐ばい〔ラウ‐〕【××狽】

  1. [名](スル)《「狼」も「狽」もオオカミの一種。「狼」は前足が長くて後ろ足が短く、「狽」はその逆。「狼」と「狽」は常にともに行き、離れると倒れるのであわてるというところから》不意の出来事などにあわててうろたえること。「株価の急落に―する」「周章―」
  1. ろうばいうり【狼狽売り】
    • 相場が急に下がったのに驚いて、慌てて持ち株を売ること。

「ろう‐ばい〔ラウ‐〕【××狽】」の前の言葉