おさま・る〔をさまる〕【治まる】

  1. [動ラ五(四)]
  1. 収まる3」に同じ。「内乱が―・る」「騒ぎが―・る」「風が―・る」「このままでは気持ちが―・らない」
  1. 政治の秩序が行き渡る。「国が―・る」
  1. 痛みや、症状などがしずまる。「腹痛が―・る」「せきが―・る」
  1. 治まりて乱るるを忘れず
    • 《「易経」繋辞下から》安定している世の中もいつかは乱れるのだから、政治を行う者は、そのことを忘れてはいけない。

「おさまる〔をさまる〕【治まる】」の後の言葉