あ・げる【上げる/揚げる/挙げる】

  1. [動ガ下一][文]あ・ぐ[ガ下二]
  1. そのもの全体または部分の位置を低い所から高い方へ動かす、また、移す。
  1. ㋐物の位置を低い所から高い所に移す。「箱を棚に―・げる」「幕を―・げる」「すだれを―・げる」⇔下ろす
  1. ㋑方向を高い方へ移す。「顔を―・げてにらむ」「目を―・げる」
  1. ㋒垂れた髪を上の方で結う。「前髪を―・げる」
  1. ㋓地上から伸ばしたり飛ばしたりして、空中に浮かべる。「凧 (たこ) を―・げる」「花火を―・げる」
  1. ㋔水上や水中から陸上に移す。「船を浜辺に―・げる」⇔下ろす
  1. ㋕高い場所に、形を成すようにつくりおく。「棟を―・げる」
  1. ㋖家の中に入れる。「客間に―・げる」
  1. ㋗(揚げる)芸者などを宴席に呼ぶ。「芸者を―・げてどんちゃん騒ぎ」
  1. ㋘《「アップロード」から》インターネットなどで、通信回線を介してデータをホストコンピューターに送信する。「サーバーに圧縮ファイルを―・げる」
  1. 所有者や高位の者の手元に収める。
  1. ㋐好ましい結果を得る。「収益を―・げる」
  1. ㋑(挙げる)検挙する。「犯人を―・げる」
  1. 上の段階や等級へ進ませる。「息子を大学に―・げる」
  1. 程度を高める。
  1. ㋐他と比較して高い状態になる。「右肩を―・げる」「潮が―・げてくる」
  1. ㋑今までより高い状態にする。「地位を―・げる」「家賃を―・げる」⇔下げる
  1. ㋒褒める。「―・げたり下げたり」⇔下げる
  1. ㋓いちだんと望ましい状態にする。「男ぶりを―・げる」「腕を―・げる」⇔下げる
  1. ㋔勢いをつける。盛んにする。「気勢を―・げる」「調子を―・げる」
  1. ㋕声を高く発する。「悲鳴を―・げる」
  1. ㋐《頭に血を上げる意から》のぼせて夢中になる。「血道を―・げる」
  1. ㋑吐く。戻す。「酒を飲みすぎて―・げる」
  1. 物事を終わりにする。
  1. ㋐仕上げる。完成する。「仕事を―・げる」
  1. ㋑その範囲内でまかなう。「会費を安く―・げる」
  1. ㋒(挙げる)力などを出し尽くす。「全力を―・げる」「町を―・げて応援する」
  1. ㋓(挙げる)子を得る。「男子を―・げる」
  1. 人の目についたり、広く知られるようにする。
  1. ㋐(上げる・揚げる)掲げる。「国旗を―・げる」
  1. ㋑有名にする。「名を―・げる」
  1. ㋒(挙げる)事を起こす。「兵を―・げる」
  1. ㋓(挙げる)執り行う。「結婚式を―・げる」
  1. ㋔(挙げる)表し示す。「例を―・げる」「証拠を―・げる」
  1. ㋕効果や実績を現す。「成果を―・げた」
  1. ㋖(挙げる)推挙する。「候補者を―・げる」
  1. (揚げる)揚げ物を作る。「てんぷらを―・げる」
  1. 神仏や敬うべき人などに、ある行為がなされる。
  1. ㋐神仏に供える。「供物を―・げる」⇔下げる
  1. ㋑「与える」「やる」を、その相手を敬っていう語。「洋服を―・げる」
  1. 10 地方から都に行く。上京する。
    • 「京にとく―・げ給ひて」〈更級
  1. 11 戸や格子を上部に開きあける。
    • 「格子なども―・げながら冬の夜を居明かして」〈・一七九〉
  1. 12 勢いよく馬をはねあがらせる。
    • 「中道口を外 (はづ) させて―・げけり」〈著聞集・一〇〉
  1. 13 動詞の連用形のあとに付いて複合語をつくる。
  1. ㋐その動作が終わる意を表す。「仕事を早くし―・げる」「一日で織り―・げる」
  1. ㋑十分に、しっかり、などの意を添える。「丁稚 (でっち) からたたき―・げる」「調べ―・げる」
  1. ㋒他に分かるようにはっきりと言葉で示す。「共同宣言としてうたい―・げる」
  1. ㋓(「申す」「存ずる」などに付いて)へりくだった意味を表す。「お願い申し―・げます」「右のように存じ―・げております」
  1. 14 (補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」が付いた形に付いて、主体が動詞の表す行為を他者に対し恩恵として行う意を表す。「てやる」の丁寧な言い方。「仕事を手伝って―・げる」「君のかわりに行って―・げよう」
  1. [補説]9㋑は本来、敬うべき対象に物をさし上げるの意で、「犬にえさをあげる」のような言い方はしなかった。現在では「与える・やる」の美化語として使う人が増えている。
  1. 上げたり下げたり
    • 褒めたりけなしたり。「何のかんのと―、人をばかにするな」